PR

【簡単:画像手順付き】ChatGPTをスプレットシートで使う方法

AI活用
スポンサーリンク
この記事にはプロモーションが含まれています。

ChatGPTとは、OpenAIによってトレーニングされた大規模な自然言語処理モデルです。

ユーザー
ユーザー

聞けば何でも答えてくれる!

と、今話題になっているサービスです。

ChatGPTはWebサービスのため、基本的にはWebブラウザで使います。

ぽむ
ぽむ

Webブラウザから使うのもよいですが、Excelのように使える

Googleスプレットシートからも使えた方が便利だと思いませんか?

スプレットシートを使うと、以下のようなことができます。

  • ChatGPTで問い合わせた複数の結果を一覧で管理できる
  • ChatGPTで生成したテキストをその場で修正できる
  • ChatGPTに一度に複数の問い合わせができる

より効率的にChatGPTを使うために、ChatGPTをスプレットシートから呼び出す方法を紹介します。

2023年3月にChatGPTを外部から呼び出すAPIが公開されました。

Introducing ChatGPT and Whisper APIs
Developers can now integrate ChatGPT and Whisper models into their apps and products through our API.

ChatGPT APIを使ってChatGPTを外部から呼び出す方法については、今後更新予定です。

今回は、ChatGPT APIが公開される前から使われていた方法で、ChatGPTをスプレットシートで使う方法を紹介します。

今回紹介する方法は、ChatGPT in Google Sheets and Docs というChromeの拡張プラグインを使います。

プログラミングを知らなくても使える上に、わずか10分で導入できる簡単な方法です。

ただし、ChatGPTとは違い、問い合わせを実行するたびに課金される点に注意です。
具体的には1000トークンあたり$0.002ドルです。
ChatGPT in Google Sheets and Docの料金

ぽむ
ぽむ

お金がかかるの!?と不安に思うかもしれませんが、

ChatGPTに登録してから3か月間は18ドル(※2023年3月からは5ドル)の無料クレジットが使えます。

有料会員にならない限り、自動で課金されることはないので安心してくださいね。

ChatGPT in Google Sheets and Docs の便利な使い方も紹介するので、あわせてチェックしてみてください。

ChatGPTを学ぶなら書籍がおすすめ
スポンサーリンク

ChatGPTとは?

ChatGPTとは、OpenAIによってトレーニングされた大規模な自然言語処理モデルです。

ChatGPTは、言語生成、文章理解、自然言語の応答生成など、多岐にわたるタスクに使用されます。ChatGPTは、大量のデータセットを使用してトレーニングされ、人間のように自然な応答を生成することができます。ChatGPTは、オンラインの会話やテキスト分析などのさまざまな分野で使用されています。

ぽむ
ぽむ

正直に言えば、上の文章もChatGPTを使って生成しました。

このように、ChatGPTはこちらの問いかけに対して回答文を作成してくれる便利なサービスです。

使い方次第で小説を書いたり、ブログ記事を書いたりといったことができると、話題になっているサービスになります。

スポンサーリンク

ChatGPTを外部から呼び出す方法は?

ChatGPTは通常Web画面から利用します。

しかし、ChatGPTを外部から呼び出すことができれば、一度に大量の文章を自動で作れるようになります。

ぽむ
ぽむ

条件だけ入力して実行ボタンを押せば、あとは自動で文章ができあがる、

なんて仕組みが作れたらすごく作業がはかどりますよね。

ここでは、2023年2月末時点での情報をもとに、ChatGPTを外部から呼び出す方法について紹介します。

2023年3月にChatGPTを外部から呼び出すAPIが公開されました。

Introducing ChatGPT and Whisper APIs
Developers can now integrate ChatGPT and Whisper models into their apps and products through our API.

ChatGPT APIを使ってChatGPTを外部から呼び出す方法については、今後更新予定です。

今回は2023年2月時点での情報として、OpenAIのAPIを使う方法を紹介します。

2023年3月までは、ChatGPTを呼び出すAPIは公開されていなかった

先ほども紹介したととおり、2023年2月末時点ではChatGPTを呼び出すAPIは公開されていませんでした。

このため、OpenAIが公開しているAPIを使う方法が一般的でした。

OpenAIが公開しているAPIを使用する

2023年3月まではChatGPTを呼び出すAPIは公開されていなかったため、OpenAIが公開しているAPIを使用すると紹介しました。

OpenAIが提供しているGPT-3というサービスは、外部から呼び出すAPIを公開しています。
GPT-3というサービスはChatGPTが使っているのと同じものなので、これを使ってChatGPTの機能を外部から使用します。

ぽむ
ぽむ

ようするに、

ChatGPTを提供しているOpenAIが公開しているサービスを使いましょう、

ということです。

OpenAIのAPIについては、以下の公式ドキュメントを参考にしてください。

OpenAI Platform
Explore developer resources, tutorials, API docs, and dynamic examples to get the most out of OpenAI's platform.

公式サイトのドキュメントを見ると、OpenAIのAPIを使うとPythonやNode.jsから、AIを使ったテキスト生成や画像といった機能を呼び出せるとあります。

ぽむ
ぽむ

チャットボットへの利用、プログラムのコード補完、データマイニングなど、

使いこなしたらなんでもできそうですね。

ただ、今回はOpenAIのAPIをコーディングせずにChatGPTをスプレットシートで使う方法を紹介します。

Chromeの拡張プラグインを使って、プログラミングをせずに、ChatGPTをスプレットシートから呼び出す方法を紹介するので、プログラミングが分からない人も安心してくださいね。

OpenAIのAPIは有料な点に注意する

ChatGPTを外部から呼び出すには、OpenAIが公開しているAPIを使うと紹介しました。

OpenAIのAPIを使うには料金がかかります。

ChatGPTとは違って有料になるという点に注意しましょう。

ただし、OpenAIは登録してから3か月間は、無料クレジットとして18ドル分付与されます。(※2023年3月からは5ドル)
また、無料期間終了後も課金設定をしなければ自動で課金されることはありません。

気づかないうちに課金していて、いきなり金額を請求されるわけではないので安心してくださいね。

OpenAIの料金については、以下のサイトで解説されているので参考にしてください。

OpenAIのAPI利用の料金を解説!文章生成AIと画像生成AIの費用を説明 | AutoWorker〜Google Apps Script(GAS)とSikuliで始める業務改善入門
AIの研究を進める研究開発団体OpenAIは、様々なAIサービスが利用できるAPIを提供しています。 このOpenAIのAPIは無料で利用できるわけではなく、使用量に応じた料金が発...

OpenAIの無料クレジットは、登録してから3か月後に自動で消えてしまいます。
無料クレジットが残っている人は、失効する前に使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ChatGPTをスプレットシートで使う方法は?

さて、それでは本題です。
OpenAIのAPIを使って、ChatGPTをスプレットシートから呼び出す方法は、以下の2つです。

  • Google Apps Scriptを使う
  • Chromeの拡張プラグインを使う

この記事では、Chromeの拡張プラグインを使う方法について詳細な手順を紹介します。
ここでは、それぞれの方法の概要について簡単に説明します。

Google Apps Scriptを使う方法

OpenAIのAPIをスプレットシートから呼び出す方法としては、Google Apps Script(GAS)を使うのが一般的です。

GASとは、GoogleスプレットシートやGoogleドキュメントといった、Googleが提供している各ファイルサービスを操作するプログラミング言語です。

ぽむ
ぽむ

Excelでいうところのマクロのようなものです。

GASを使ってOpenAPIを呼び出す方法は、以下の記事を参考にしてください。

GASでOpenAIのAPIを利用してChatGPTライクな文章生成する方法を解説 | AutoWorker〜Google Apps Script(GAS)とSikuliで始める業務改善入門
ChatGPTには現在APIが提供されていませんが、同じGPT3.5モデルを使ったOpenAIの文章生成AIがAPIで利用できます。 そこで、Google Apps Script...

Google Apps Scriptと聞くと難しそうに聞こえますが、上記のサイトで紹介されているコードをコピペすればすぐに使えます。

ぽむ
ぽむ

OpenAPIの公式ドキュメントを見てもGAS連携用のスクリプトが見つからず、

他のサイトで公開されているコードの正当性が分からなかったため、

このあと紹介する、コードを書かずに連携できる方法を採用しました。

Chromeの拡張プラグインを使う方法

OpenAIのAPIをスプレットシートから呼び出す方法としては、Chromeの拡張プラグインを使う方法もあります。

ChatGPT in Google Sheets and Docs を使うと、スプレットシートからOpenAIのAPIを呼び出してテキスト生成ができます。

プラグインに組み込まれた関数を使うの、GASを使う方法と比べてカスタマイズ性は低いです。
ただ、テキスト生成するだけであれば十分に使えるプラグインです。

ぽむ
ぽむ

そして何よりコードを書かずに使えるので、導入がとても簡単です。

コピペで済むとはいえ、GASを使う方法はなんだか難しそうだと思いませんか?

約10分で導入できる方法なので、ぜひチェックしてみてください。

ChatGPT in Google Sheets and Docsの導入方法

それでは、ChatGPT in Google Sheets and Docs の導入方法を紹介します。

公式サイトには、プラグインから呼び出せる関数の説明もあるので、参考にしてみてください。

Use ChatGPT in Google Sheets, Docs and Excel
Learn how to use ChatGPT and OpenAI GPT-3 from Google Sheets and Google Docs.

ChatGPT in Google Sheets and Docs のインストール

Chromeを開いて、ChatGPT in Google Sheets and Docs のURLにアクセスします。

GPT for Sheets™ and Docs™ - Google Workspace Marketplace
ChatGPT in Google Sheets™ and Docs™. Get the full power of AI for inspiration data cleaning, classification, extraction, translation, edition, summarization, wr...

「インストール」をクリックして、Chromeの拡張プラグインをインストールします。

③権限が必要といわれるので、「続行」をクリックします。

アカウントを選択します。

⑤「GPT for Sheets and Docs がアクセスをリクエストしています」という画面をスクロールして、「許可」をクリックします。

⑥「GPT for Sheets and Docs をインストールしました」と表示されるので、「次へ」をクリックします。

「GPT for Sheets and Docs をインストールしました」を表示されれば、インストールは完了です。

ChatGPT in Google Sheets and Docs の初期設定

次に、プラグインの初期設定を行います。

今回は、すでにOpenAIのアカウントを作成していることを前提とします。
ChatGPTを使っている人は、ChatGPTのアカウントがOpenAIのアカウントになります。

まだ、OpenAIのアカウントを作成していない人は、初期設定と合わせて作成しましょう。

Googleスプレットシートを開きます

「拡張機能」ー「GPT for Sheets and Docs」ー「Set API key」をクリックします。

「Get your OpenAI API key」の後ろにあるリンクをクリックします。

④OpenAIのページが開くので、「Log in」をクリックします。

まだOpenAIのアカウントを持っていない人は「Sign up」からアカウントを作成してください。

「Email address」を入力して、「Continue」をクリックします。

Googleアカウントや、Microsoftアカウントで登録している人は、それぞれのログインボタンからログインしてください。

⑥「API keys」のページが開くので「Create new secret key」ボタンをクリックします。

API keyをコピーします。

API keyは再確認はできないのでコピーした文字列はどこかに保存しておきましょう。
ただ、API keyをなくしてしまっても、再度作成すればOKです。

⑧スプレットシートに戻って、API keyを貼り付けます。

「Check」ボタンをクリックします。
「Your OpenAI API key is valid!」と表示されれれば、初期設定は完了です。

スプレットシートに戻ってChatGPTを呼び出す関数を入力すれば、結果が返ってきます。

例えば、以下のように入力してみます。

=GPT("アップルの会社概要を教えてください")

しばらく待つと、以下のように結果が返ってきます。

スプレットシートを使っているため、関数を組み合わせて自由にデータを生成できます。

たとえば以下のようにセルを指定して関数を呼び出せば、一度に対象のデータを取得することも可能です。

ChatGPT in Google Sheets and Docsには、さまざまな関数が用意されています。
各関数の使い方については、このあと紹介します。

Googleスプレットシートの機能とプラグインの機能を組み合わせて、より効率的にテキスト生成をしてみましょう。

Googleスプレットシートについて詳しく学びたい人は、以下の参考書がおすすめです。
実際に使える関数やスプレットシートの便利な機能が盛りだくさんの一冊です。

Googleスプレットシートの使い方をマスターできる参考書はコチラ


また、WordやExcelに関するMOS資格というビジネス資格対策講座を、月額330円で受け放題のサービスもあります。
試験対策Web講座、講師への質問、模擬試験がすべて利用できて月額330円というワンコイン以下で利用できるところがおすすめポイントです。

そして、なんと今なら30日間無料で、サトリのサービスが使えます。

サトリの標準学習期間は1講座あたり2週間程度です。
30日間無料で利用できれば、サトリの機能をかなり活用できます。
ExcelやWordをお得に学習できるチャンス!あなたも活用してみませんか?

今なら30日間無料!

サトリについては以下の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。

ChatGPT in Google Sheets and Docsの便利な使い方

ChatGPT in Google Sheets and Docs プラグインでは、いくつかの関数を提供しています。

ここでは、ChatGPT in Google Sheets and Docsが提供している機能について、簡単に紹介します。

今回紹介する機能は以下のとおりです。

  • ChatGPTの実行結果を取得する
  • テキストからメールアドレスや国名を抽出する
  • テキストを翻訳する
  • テキストを要約する
  • データを整形する
ぽむ
ぽむ

プラグインの機能とスプレットシートの機能を組み合わせると、

データ作成やテキスト作成がかなりラクになると思いました。

今回紹介する機能は一部です。
ChatGPT in Google Sheets and Docsには、データの分類や自動生成に関する便利な関数が揃っています。

プラグインが提供しているすべての関数については、以下の公式ドキュメントを参考にしてください。

GPT for Sheets examples | GPT for Work Documentation
Check out examples for all the functions in the GPT for Sheets family.
ぽむ
ぽむ

今回紹介する以外にも、自動でプログラミングコードを生成する関数や、

HTMLをJSONに変換する関数などもあり、こんなこともできるのかとびっくりしました。

ChatGPTの便利な機能も発見できてよかったです。

ChatGPTの実行結果を取得する

まず紹介するのは、このプラグインの1番シンプルな使い方です。

=GPT("フレーズ")

と記載するだけで、指定したフレーズをChatGPTで問い合わせた内容が返ってきます。

使用例は、以下のとおりです。

また、

=GPT_LIST("フレーズ")

と記載すると、複数の結果を取得することができます。

たとえば、以下のような使い方ができます。

ぽむ
ぽむ

ブログ記事の作成だけではなく、サンプルデータの作成などにも使えそうですね。

スプレットシートの関数も組み合わせて、効率的にChatGPTを使えるようにしてみましょう。

テキストからメールアドレスや国名を抽出する

ChatGPT in Google Sheets and Docsでは、データ分析に関する関数も多く提供されています。

=GPT_EXTRACT("抽出対象のテキスト", "抽出したい項目")

と指定すると、抽出対象のテキストから抽出したい項目を自動で抜き出してくれます。

実行例は以下のとおりです。

ぽむ
ぽむ

抽出したい項目については、日本語でも定義できました。
会社名、メールアドレスといった名詞をAIが自動で解釈してくれるのはすごいですね。

テキストを翻訳する

ChatGPT in Google Sheets and Docsを使うと、テキストの翻訳もできます。

=GPT_TRANSLATE("翻訳対象のテキスト","翻訳したい言語")

を指定すると、翻訳対象のテキストを翻訳したい言語で翻訳してくれます。

使い方の例は以下のとおりです。

ぽむ
ぽむ

翻訳対象の言語は「英語」と日本語で指定しても動きました。

日本語だけで英語に翻訳できるのはすごいですね。

テキストを要約する

ChatGPT in Google Sheets and Docsは、テキストの要約機能もあります。

=GPT_EDIT("要約したいテキスト","〇〇文字で要約")

と指定すると、テキストの要約ができます。

GPT_EDIT関数の2つ目のパラメータには、さまざまな条件が指定できます。
「文法を正しくする」など、元のテキストを編集したい条件を指定してください。

試しに、私のブログ記事の一部を要約してみました。

ぽむ
ぽむ

要約やリライトについてはクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトでも見かけます。

実行結果をそのまま使うのはだめですが、作業効率化には使えそうですね。

データを整形する

最後に紹介するのは、データの整形機能です。

あらかじめ定義したデータの整形規則にしたがって、他のデータの形式も整えるという使い方ができます。

使い方のイメージを紹介します。

まず、以下のようにデータの整形規則を定義しておきます。

次に、

=GPT_FILL(データの整形規則を定義したセル範囲,整形対象のデータ)

を指定します。具体的な定義例は以下のとおりです。

このように定義すると、データの整形規則に従って自動で「サンプル株式会社」という形式にデータを成形してくれます。

ぽむ
ぽむ

今まで正規表現で行っていた作業が直感的にできるようになって感動しました。

正規表現は苦手なのでありがたいです。

【簡単:画像手順付き】ChatGPTをスプレットシートで使う方法 まとめ

今回は、ChatGPTをスプレットシートで使う方法を紹介しました。

ChatGPT in Google Sheets and Docs というChromeの拡張プラグインを使うと、スプレットシートでChatGPTを使ったさまざまな機能が使えます。

今回紹介した機能は以下のとおりです。

  • ChatGPTの実行結果を取得する
  • テキストからメールアドレスや国名を抽出する
  • テキストを翻訳する
  • テキストを要約する
  • データを整形する

プラグインにはそのほかにもさまざまな関数が用意されているので、気になる人はチェックしてみてください。

GPT for Sheets examples | GPT for Work Documentation
Check out examples for all the functions in the GPT for Sheets family.

なお、ChatGPTをスプレットシートから呼び出す場合、問い合わせを実行するたびに課金される点に注意です。
具体的には1000トークンあたり$0.002ドルです。
ChatGPT in Google Sheets and Docの料金

ぽむ
ぽむ

お金がかかるの!?と不安に思うかもしれませんが、

ChatGPTに登録してから3か月間は18ドル(※2023年3月からは5ドル)の無料クレジットが使えます。

有料会員にならない限り、自動で課金されることはないので安心してくださいね。

今回紹介した内容を参考に、よりChatGPTを使いこなしてみましょう。

Googleスプレットシートについて詳しく学びたい人は、以下の参考書がおすすめです。
実際に使える関数やスプレットシートの便利な機能が盛りだくさんの一冊です。

Googleスプレットシートの使い方をマスターできる参考書はコチラ


また、WordやExcelに関するMOS資格というビジネス資格対策講座を、月額330円で受け放題のサービスもあります。

そして、なんと今なら30日間無料で、サトリのサービスが使えます。

サトリの標準学習期間は1講座あたり2週間程度です。
30日間無料で利用できれば、サトリの機能をかなり活用できます。
ExcelやWordをお得に学習できるチャンス!あなたも活用してみませんか?

今なら30日間無料!

サトリについては以下の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました