【未経験OK】LINE公式アカウント運用サービスPosterに登録して、LINEメッセージを送信してみた

LINEアカウント運用
スポンサーリンク

あなたは、LINE公式アカウントを知っていますか?

LINE公式アカウントは、LINEの友達宛てにメッセージやクーポンを配信できるサービスです。
LINEが提供しているサービスで、フリープランもあり、無料で使うこともできます。

【公式】LINE公式アカウント|LINE for Business
LINE公式アカウントのサービス概要や導入方法について紹介します。LINEをマーケティングに活用し、企業・店舗と顧客とのつながりを強化しましょう。

そして、Poster(ポスター)とは、このLINE公式アカウントを、より使いやすくしたサービスです。
Posterもフリープランがあるため、無料で使えるところがおすすめポイントです。

Posterの魅力については、以下の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ぽむ
ぽむ

今回は、LINE公式アカウント初心者の私が、Posterに登録してLINEのメッセージを配信するまでを試してみました。

  • 初めてLINE公式アカウントを作成しようと思っている
  • LINEでの集客をしてみたいと思っている
  • LINE公式アカウントって何?やってみたい

という人向けに、Posterに登録してからメッセージを配信するまでの手順を紹介します。

ちなみに今回紹介する手順は、2022年9月現在のものです。
最新の手順や情報は、LINE公式アカウントやPosterのサイトを参考にしてください。

Posterは無料プランもあるため、お試しで利用することも可能です。
LINE公式アカウント運用に興味がある人は、今回の記事を参考に、以下より無料登録してみましょう。

スポンサーリンク

今回紹介する手順の概要

今回は、Posterに登録して以下のようなLINEメッセージを送信する手順について紹介します。

Posterを使うと、画像、テキスト、リンクボタンが組み合わさったLINEメッセージを簡単に送信できます。

ぽむ
ぽむ

今回紹介する手順を参考に、一緒にLINEメッセージを作って送信してみましょう。


それでは、今回紹介する手順の概要を、紹介します。

Posterの初期設定は、以下の流れで行います。

今回紹介する手順の流れ
  • ステップ1
    Posterのアカウントを作成する
  • ステップ2
    LINE公式アカウントを作成する
  • ステップ3
    Messaging APIを有効化してチャネルシークレットを登録する
  • ステップ4
    アクセストークンを登録する
  • ステップ5
    Webhookを設定する
  • ステップ6
    メッセージを作成する
  • ステップ7
    メッセージをテスト配信する

登録や設定作業がメインで、すべてブラウザ上で行えます。
作業にかかる目安時間は、約30分~1時間程度だと思います。

初期設定の流れは、以下のPosterのマニュアルを参照してください。

はじめに – Poster(ポスター)ーLINEセグメント配信ツール
Posterをご利用いただくには、LINE公式アカウントが必要です。 LINE公式アカウントをお持ちでない方 LINE公式アカウントをお持ちでない方は、LINE公式アカウントの作成を行いましょう。 ...

今回紹介する手順は2022年9月に筆者が試したときの手順です。
詳細情報や最新情報は公式サイトのマニュアルを参考にしてください。

なお、公式マニュアルによると、Posterの初期設定の流れは、以下のようになっています。

  1. Messaging APIの有効化
  2. アクセストークン、チャネルシークレットをPosterに登録
  3. LINEログインチャネルを作成
  4. LIFFアプリを作成、Posterへ設定
  5. リッチメニューを選ぶ

このうち、LIFFアプリとリッチメニューについては作成しなくてもメッセージを送ることができます。
今回はメッセージを送ることが目的のため、LIFFアプリとリッチメニューの作成は省略しています。

スポンサーリンク

Poster(ポスター)のアカウントを作成する

それではまずは、Poster(ポスター)のアカウントを作成しましょう。

以下より、Poster(ポスター)のトップページにアクセスします。

「無料ではじめる」というボタンをクリックします。

メールアドレスを入力して確認メールを送信します。

受信したメールに表示されているリンクをクリックします

④ユーザ登録画面が起動するので、ユーザ名、パスワードを入力して利用規約に同意します

これだけで、Posterへの登録は完了しました。
「PosterにLINE公式アカウントを連携」を押して、次に進みましょう。

スポンサーリンク

LINE公式アカウントを作成する

Posterを利用するには、LINE公式アカウントとPosterの両方の登録が必要です。

LINE公式アカウントを運用するには、個人で利用しているLINEアカウントの他に、LINE公式アカウントが必要になります。

Posterの登録完了画面で「PosterにLINE公式アカウントを連携」を押すと、以下のアカウントセットアップ画面が表示されます。

ページをスクロールするとガイドページと、LINE公式アカウントへのリンクがあります。
「LINE for Business」というリンクをクリックして、LINE公式アカウントサイトを開きましょう。

ちなみに、LINE公式アカウントのサイトは以下になります。

LINE公式アカウントをはじめましょう|LINE for Business
LINE公式アカウントをはじめましょう。ユーザーの生活に密着したLINEならではのマーケティングソリューションにより、企業・店舗と顧客とのつながりを強化します。

ここからは、LINE公式アカウントの作成方法について説明します。

LINE公式アカウントの作り方については、以下の公式ガイドも参考にしてください。

LINE公式アカウントの作り方|開設の設定と運用方法|LINE for Business
LINE公式アカウントの作り方|開設の設定と運用方法。LINEをマーケティングに活用するための最新情報をお届けします。

①LINE公式アカウントのトップページで「アカウントの開設(無料)」をクリックします

LINE公式アカウントは、すでに持っているLINEの個人アカウントに連携させるか、メールアドレスを登録して新規に作成するかを選べます。

「LINEアカウントで登録」か「メールアドレスで登録」のどちらかの登録方法を選択します。

ぽむ
ぽむ

私はすでに持っているLINEの個人アカウントに連携させてみました。

LINEの個人アカウントでログインすると、LINE公式アカウントの作成画面で、以下のように個人アカウント名が表示されます。
個人アカウントとは独立してLINE公式アカウントを作成したい人は、メールアドレスで新規に登録するとよいでしょう。

必要事項を入力して、確認ボタンをクリックします。

これで、LINE公式アカウントを作成できました。

Posterで使用するLINE公式アカウントの情報を入手するために、「LINE Official Account Manager」にアクセスしましょう。

Messaging API を有効化してチャネルシークレットを登録する

PosterでLINEのメッセージを送信するために、LINEが提供しているMessaging APIを利用します。
これを使うことで、Posterといった外部のサービスからLINE公式アカウントの運用ができるようになります。

そして、Messaging APIを使用するには、LINE Developersに登録する必要があります。

LINE Developersとは、LINEが提供しているMessaging APIなどのAPIを外部のサイトで使うためのポータルサイトです。

ぽむ
ぽむ

ようするに、PosterからLINEが提供しているMessaging APIを使うために必要な設定だと思ってください。

Messaging APIの始め方については、以下の公式ドキュメントも参考にしてください。

Messaging APIを始めよう
LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。

それでは、Messaging API を有効化する手順を説明します。

①LINE Official Account Managerを開いたら、画面左上の「設定」をクリックします。

②設定メニューにある「Messaging API」をクリックして「Messaging APIを利用する」を押します。

③LINE Developersに登録する開発者情報として「名前」や「メールアドレス」を入力します。

プロパイダー名を入力します。
プロパイダーとは、LINE公式アカウントサービスの提供元、つまり私たち利用者のことを差します。
プロパイダー名には、企業名や個人名などサービスの提供元が分かる任意の名前を設定してください。

プライバシーポリシーと利用規約はLIFFアプリを作成するときに登録が必要です。
LIFFアプリとは、LINEからWebアプリを表示するサービスです。
詳しくは以下の公式ドキュメントを参照してください。

LINE Front-end Framework (LIFF)
LINE Front-end Framework(LIFF)は、LINEが提供するプラットフォームです。

⑤今回はLIFFアプリは作成は省略するので、何も指定せずにOK押します

これで、LINE Developersへの登録とMessaging APIの有効化が完了しました。

Messaging APIを有効化すると「チャネルシークレット」が取得できるようになります。
「チャネルシークレット」の「コピー」をクリックして、Posterの管理画面に入力します。

チャネルアクセストークンをPosterに登録する

PosterとLINE公式アカウントを連携するには、以下の情報が必要です。

  • チャネルシークレット
  • チャネルアクセストークン

チャネルアクセストークンは、「LINE Developers」にアクセスして取得します。
以下より、「LINE Developers」のページにアクセスしてください。

LINE Developers
LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。

①「LINE Developers」を開いたら「コンソール」をクリックします。

②画面左メニューの「Providers」をクリックして、先ほど作成したプロパイダーを選択します。

「Channels」をクリックして、Messaging APIのチャンネルを選択します。

「Messaging API」をクリックします。

⑤画面の下までスクロールして「Channel access token」の「Issue」をクリックします。
以下のように、アクセストークンが表示されます。

チャネルアクセストークンをコピーして、Posterの管理画面に設定します。

⑦チャネルシークレットとチャネルアクセストークンの入力が完了したら、「送信」ボタンをクリックします。

⑧アカウントセットアップ画面で「アカウントのセットアップを実行」をクリックします。

これで、LINE公式アカウントとPosterの連携が完了しました。

ぽむ
ぽむ

長々とお疲れさまでした。

設定は次で終わりなので、あと一息頑張りましょう!

Webhookを設定する

次に、Webhookを設定します。

Webhookとは、LINEが提供しているMessaging APIに関連するサービスです。
LINE公式アカウントを友だちに追加したり、LINE公式アカウント宛てにメッセージを送信したりといった情報を取得することができます。

Webhookについては、以下の公式ドキュメントを参考にしてください。

メッセージ(Webhook)を受信する
LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。

ここまでの手順でアクセストークンとチャネルシークレットを登録すると、以下のような画面が表示されます。

画面の指示にしたがって、まずは、Webhook通知を有効化しましょう。

①再び「LINE Developers」にアクセスします。

LINE Developers
LINE Developersサイトは開発者向けのポータルサイトです。LINEのさまざまな開発者向けプロダクトを利用するための、管理ツールやドキュメントを利用できます。LINEログインやMessaging APIを活用して、アプリやサービスをもっと便利に。

②先ほどチャネルアクセストークンを取得した設定画面を開きます。
具体的には、「コンソール」ー「Providers」ー「Channels」ー「Messaging API」という流れで設定画面を開きます。

③設定画面をスクロールすると「Use webhook」という設定項目があるので、これを有効化します。

④Posterの設定画面に戻って「検証」ボタンをクリックします。

「受信テストを実行」ボタンをクリックします。

受信テストが完了すると、チャネルシークレットが認証されました。というメッセージが表示されます。

ぽむ
ぽむ

登録・設定作業お疲れさまでした。

LIFFアプリとリッチメニューは作成しなくてもメッセージは送信できます。

せっかくなので早速メッセージを送信してみましょう。

メッセージを作成する

それではいよいよLINEメッセージを作成してみましょう。

①Posterの管理画面を開いて、左メニューの「メッセージ機能」ー「メッセージ」をクリックします。

②メッセージ管理画面で「新規作成」をクリックします。

管理用タイトルを入力して、「配信メッセージを作成する」をクリックします。

Posterでは、「メッセージ作成/配信結果画面」でメッセージの作成や、配信を一括管理します。

メッセージの作成方法については、以下のPosterのドキュメントを参考にしてください。

メッセージの作り方 – Poster(ポスター)ーLINEセグメント配信ツール
動画でも作成方法を公開しています ...

今回は最初に紹介した以下のようなメッセージを作成してみます。

④メッセージ作成/配信結果画面の「バルーン追加」をクリックします。

⑤メッセージタイプは、フレックスliteの「このタイプを選択」をクリックします。

メッセージタイトルに「お知らせ」と入力して、「+」ボタンをクリックします。

⑦追加するカードのタイプとして「カード」をクリックします。

⑧以下のようなバルーンが追加されるので、画像、タイトル、本文を入力します。
タイトルや本文には、絵文字も入力できます。

入力後の画面がこちらです。

「アクションボタンを設置」ボタンをクリックします。

カードタイプのバルーンには、以下のような動作を行うアクションボタンを設置できます。

アクションボタンによって、ユーザが押したボタンに応じてメッセージを返したり、ユーザのプロフィール情報にタグをつけたりといったことができます。

⑩アクションタイプとして「Webページへのリンク」をクリックします。

アクションラベル、リンクURLを入力して、「閉じる」ボタンをクリックします。

⑫これでメッセージとして送信するバルーンの作成が完了しました。
「登録」ボタンをクリックします。

メッセージをテスト配信する

それではいよいよメッセージをテスト配信してみましょう。

①「メッセージ作成/配信結果」画面の「テスト送信する」をクリックします。

②初回は「テスターが登録されていません」という画面が表示されるはずです。
「テスターを追加する」ボタンをクリックします。

③友だち検索で自分のLINEアカウントを検索して、「テスターに登録」をクリックします。

作成した自分のLINE公式アカウントと友だちであるにも関わらず友だち検索をしても自分のLINEアカウント名が表示されないことがあります。
Webhookを有効化する前に友だちに追加した場合は、この事象が発生します。
この場合は、一度自分のLINE公式アカウントをブロックしてから、ブロック解除をしてください。
詳細は以下のPosterのドキュメントを参考にしてください。

Poster導入前の友だちの認識方法を教えてください – Poster(ポスター)ーLINEセグメント配信ツール
Posterでカウントされる友だちは、Posterのチュートリアル「STEP-3」完了後にフォローされた友だちの数です。それ以前にご登録された友だち(=Poster導入前に登録された友だち)は自動では認識されません。 Post...

④「テスト送信」画面でテスターを選択して、「テスト送信する」ボタンをクリックします。

⑤自分のLINEにメッセージが届いていることを確認します。

ぽむ
ぽむ

おめでとうございます!

長時間の作業お疲れさまでした!

【2022年最新】LINE公式アカウント運用サービスPosterに登録して、LINEメッセージを送信してみた

今回は、LINE公式アカウント運用サービスであるPosterに登録して、メッセージを配信するまでの流れを紹介しました。

ぽむ
ぽむ

私は、LINE公式アカウントの利用も初めてでしたが、登録して設定するだけで、簡単にLINEメッセージを配信できることが分かって感動しました。

Posterには今回紹介したようなメッセージ作成の機能だけではなく、以下のような機能があります。

  • ユーザのプロフィール情報など、さまざまな情報を組み合わせたセグメント配信ができる
  • タグ情報などを使ってユーザを細かく分類できる
  • メッセージの既読・未読分析ができる
  • おしゃれなメッセージやリッチメニューが作れる

Posterには、LINE公式アカウントよりも便利で使いやすい機能が充実しています。

また、無料プランもあり、無料で使い続けることもできます。
今回の記事を読んでPosterが気になったあなたは、以下から無料登録してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました